開発

ブログ更新が止まっていまして申し訳ございません。
週末で用事の無い日は治癒の神器の開発に没頭しておりました。今後も開発は続きます。

2024/7/20は日浦先生にお時間を作っていただき、開発途中の治癒の神器の動作を見て頂きました。
機能的には動作する事を実証できたと思います。

ただし、少し課題も残っています。
もう少しコントローラーを小型化して、ウェアラブル性を高める必要があります。
あと処理の高速化をしたいと考えています。プログラムの改良案は頭の中にあるので試してみたいと思います。

私は物作りが大好きなので、このような開発の機会を頂きまして、本当に有難いです。
打ち合わせの後、真理について、以前にも質問した事とかぶっていましたが、丁寧にご説明して頂き、理解を深める事が出来ました。
また、写真のイーグルペンダントを頂きました。
日浦先生ありがとうございました!

 

秋葉原

昨日秋葉原に行ってきました。晴天でにぎわっていましたが、3分の1くらいの人は外国人での観光客でした。円安のインバウンド効果すごいですね。

治癒の神器ですが、回路の構想はほぼ出来上がりまして、工具や部品の買い出しをしました。あとネットで注文していて未入荷のものが幾つかありますが、6月の中ごろには全部揃う見込みです。
1ヶ月くらいで組み立て、更に1ヶ月くらいで、とりあえず動かすプログラムの制作を目標にして行きたいと考えています。
日浦先生のご要求する動きができるように柔軟にプログラムできるようにして行きたいと考えています。
普通のものつくりは出来上がったのもの効果が事前に想像できるものですが、今回のものつくりは未知数なので凄く楽しいです!
また、日浦先生のブログにもありましたが、癒しの光るインテリアとしても使えそうですね。

 

売り子お手伝いと治癒の神器

昨日は売り子をさせて頂きました。路上販売の売り子は
初めての体験で楽しかったです。
先輩受講生の方々にもお会いできて、カフェや夕食会でお話できて楽しかったです。

治癒の神器ですが、GW期間中に2日程、最近はどのような部品があるのか秋葉原をいろいろ散策していました。
その中で目に止まったのがLEDがテープ状に並んだ部品で、店員さんに制御方法を聞いて、これを使えば思い通りに光らす事ができる!と思いました。やはり物作りでは、実際のものを見て触るのが重要ですね。
GW最終日にネット検索していると、環状でしかも、サイズがピッタリのLEDが見つかりました。
早速ネットでポチッとして購入しました5/8にLEDが届き、前もって購入していたマイコンに接続し動かしてみました。
プログラムを変える事で、LED1つずつ色指定でき、色々なタイミングで光らす事ができる事ができました。
何とか5/11の即売会に間に合い、日浦師匠に見て頂く事ができました!
とりあえず自在に光らせるところまで確認できてひと安心です。次はヒーターの部品探しです。
まだまだやる事が沢山ありますが、一歩一歩進めていきたいと思います。

最後の晩餐

4/28は最後の晩餐という事で先生方、各地ラーラさんと共にお食事をしました。パンとワインではなく、和食とコーヒーです。和食とコーヒーの方がいいですね。
日浦先生から、今後の活動案について説明がありました。新たなホームページを作成し、英語で発信されるそうです。日浦先生の教えは世界中の人々にも知って欲しい教えですので、英語での発信、嬉しいですね!

治癒の神器についてですが、日浦師匠から「こういう物を作りたいが、回路設計をしてくれる大学や研究室探してみて欲しい」3週間程前に依頼がありまして、大学に問い合わせをしていました。
残念ながらどこの大学も「民生品はやらない」、「産学連携や学術支援は企業や研究機関が対象」などの回答でした。

私は日浦師匠から、治癒の神器についての概要は聞いておりました。世の中には無いアイデアのマッサージ器+護符エネルギーですので、絶対に世の中には出て欲しいとの気持ち強くなっていました。
ただし、一般の会社に回路設計を依頼するとかなりの開発費を請求されると思いますので、先ずは私の方で回路設計をチャレンジさせて下さいと日浦師匠にお願いしました。


先ずは光、振動、熱を与えるコントローラー部を作成しようと考えています。
治癒の神器は、光、振動、熱の与え方に、エネルギー増幅のノウハウ、秘密があるのではと思います。日浦師匠のご要求に答えられるように、様々なパターンをプログラムできるような作りを考えています。


週末は図書館に行き、電子工作系の雑誌、いろいろ読んで、最近のマイコンや電子部品について調べました。
だいたいこのようなマイコンを使い、このような部品を使えばできるのでは?という、なんとなくなレベルですが構想は浮かびました。

まだまだ手探り状態で、どこまで出来るかは分かりませんが頑張ってみたいと思います。

自主セミナー開催

ラーラ府中自主セミナーを開催します。
長らくお休みしておりまして申し訳ございませんでした。

日時:2024年 5月26日(日)13時~16時(1回目)
   2024年 6月30日(日)13時~16時(2回目)

         
定員5名程度

開催場所:東京都新宿区

受講料:各5万円

受講希望者は、下記の項目を記載の上連絡ください。

・郵便番号
・住所
・氏名
・年齢(年代でOK)
・職業
・携帯番号

  (受講者情報は日浦先生にもお伝えします)


〇申し込み締め切りは、各開催予定日の2週間前までとします。
〇メモ&録音OK、ビデオ撮影NG 。
〇会場は8名収容の椅子と机タイプ。
〇受講料(事前の振り込み)
〇 講師:ラーラ府中
〇申し込みメール:futyu.toko13@gmail.com
〇受講に関する事前の問い合わせOK。
〇振込口座と集合場所の詳細は、受講する人に詳しく教えます。
セミナーテキストは、他者(家族以外)への公開禁止と致します。

セミナー内容(予定)
(1回目)本「この世はまぼろし 真実の知識」の中から
        主に真実の知識とマインドの正体について、日浦先生に教えていただいた通りにかみ砕いて、掘り下げて、お伝えしたいと考えています。本に書いていない事もたくさんお伝えしたいと考えています。
        
(2回目)本「不思議な力」から主に、プルシャの知覚力、ヒーリング、心の消滅、第三の眠り、について日浦先生に教えていただいた通りにかみ砕いて、掘り下げて、お伝えしたいと考えています。本に書いていない事もたくさんお伝えしたいと考えています。
         
セミナーの内容詳細は検討中ですので、「このような事をもっと詳しく知りたい」などご要望、もしございましたらお問い合わせ歓迎いたします。

セミナー会場には日浦先生が光のパワーを送ってくださいます。
皆様に、日浦先生とのご縁がつながりますように。

護符のエネルギー

3月の日浦師匠とのランチ会で、護符のエネルギーを額に付けて瞑想すると良い効果があるのでは、と日浦師匠から紐を通し付きのラピスを頂いていました。
試してみて約3週間程過ぎました。違いを検証するため、付けて瞑想する時と付けないで瞑想する時の2通りで試しました。
付けて瞑想する方が格段に雑念が少なくなりました。効果は抜群にあると思いました。

私の視力は左目が1.2で、右目が0.1か0.2くらいと極端に差があり、目の焦点が合いづらかったり、疲労しやすいのですが、なぜか右目の視力が少し回復してきたようです。
0.5くらいにはなったのではと思います。まだまだ回復して行きそうな感じがします。
また、微妙な変化ですが、肌がツルツルになってきたように思います。
なぜかなと考えていたのですが、、、

私個人の感想ですが、額に付けていた護符が目や顔の肌に近かったから良い影響が出たのかもしれないと思いました。
もしかしたら護符のエネルギーは美容にも効果があるのかもしれません。エネルギーは減衰する事なく、常に放射されているそうです。ランニングコストが全くかからないのは良いですね。

※ただし、効果については個人差ありとの事です。


護符シールをご希望の方へ。
注文を受け付けております。
購入を希望される方は、下記アドレスまで
ご連絡をお願います。

絵柄が違うシールが全部で6シート
10個入りシート 5枚(イーグル他)
8個入りシート 1枚(鳳凰:大型)

読者様1万8千円(受講生様1万2千円)
※送料込み

メールアドレス
futyu.toko13@gmail.com


日浦師匠のブログ記事です。この世の真実を知りたい方、是非訪れてみて下さい。

日浦裕次 公式ブログ

書籍「不思議な力 イエス・キリストも使った奇跡の力」(再掲)

過去ブログを削除しましたので再掲します。

日浦師匠に教えていただいた事を本にまとめています。
2023年9月にAmazonから出版しています。
興味がある方、是非読んで下さい!

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B0CHRGLLVP


目次
第一章 日浦裕次先生について
・少年時代
・学生時代
・会社経営
・日浦先生の先生との出会い

第二章 不思議な力
・ヒーリング
・時間は観念でしかない
・空飛ぶ人

第三章 真実の知識
非実在の世界
・実在の世界
・本当の自己
・身体、心、プルシャの関係
・マインドの正体

第四章 不思議な力の源
・プルシャの知覚力
・知覚力を得る方法
・ヒーリングの原理
・霊眼

第五章 心の消滅
・心の消滅
・呼吸法
・心の観察
・反応しない
・時間と空間を超えた自由


日浦師匠のブログ記事です。この世の真実を知りたい方、是非訪れてみて下さい。

日浦裕次 公式ブログ